視線恐怖(原因のチェックと克服法)


(原因のチェックと克服法について)

視線恐怖は社会恐怖の症状の中でも、もっとも多く見られる症状になります。

ただ視線恐怖の場合でも、統合失調症などの純粋な心の病気が原因になっている場合もありますので、本当に社会恐怖が原因になっているかどうかのチェックをすることが大切だと思います。

人の視線が気になり、ぎこちなくなってしまうというのが典型的なパターンですが、人の視線が気になるだけではなく自分の視線が人に迷惑をかけているのではないかと感じる、正視恐怖や正面恐怖症と言われる症状も、視線恐怖の一つの症状だと言えます。

また、男性であれば、ミニスカートの女性の足とか胸といった、あまり見てはいけない部分に視線が行ってしまうことで人から変に思われているように感じる、脇見恐怖と言われている症状もあります。

このように人からの視線や自分の視線のことで悩んでいる状態が視線恐怖の症状ということになり、これが社会恐怖が原因かどうかのチェック法になると思います。

そして原因が社会恐怖から来る視線恐怖の場合は森田療法の学習をしていく中で視線に対するとらわれが薄れてくれば、これに比例して治ってくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってくるものなのです。

つまり、精神安定剤や抗不安剤といった薬を飲めば、これですぐに治るという類のものではないのです。

なお、視線恐怖の原因のチェックと克服法に関しては下記のページも参考になると思います。

1.視線恐怖(あがり症克服法)
2.視線恐怖症(周りの人目が気になる)



前ページへ 次ページへ


サイトマップ
社会恐怖トップ あがり症 男性恐怖症 多汗症 沈黙恐怖
赤面症 予期不安 自己臭恐怖 書痙 対人不安