男性恐怖症(症状とチェック法)



(男性恐怖症の症状とチェック法について)

未婚の若い女性の場合、男性に対して緊張してしまい、うまく接することが出来ないということで悩んでいる人も多いものです。

そして、このために、なかなか男性と交際することが出来ず、婚期を逃してしまうという女性も多いように思います。

これが男性恐怖症の基本的な症状になると言って良いと思います。

ただ、女性の場合は、ある程度の容姿であれば男性の方から声をかけてもらえることが多いために、男性ほどは婚期を逃す割合は多くないように感じます。

なお、ここで扱う、男性恐怖症というのは、単に男性との付き合いが苦手というよりも、男性に対して緊張や不安を強く感じ、これに対する「とらわれ」が出来ている場合のことになります。

つまり、これが男性恐怖症かどうかのチェック法になると思います。 しかし、こういう深刻な状況であっても森田療法の学習を通して、男性の前での緊張や不安に対する考え方や行動の仕方が変化してくると、充分、男性恐怖症の症状や「とらわれ」から抜け出していけるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってくるものなのです。

つまり、精神安定剤や抗不安剤といった薬を飲めば、これですぐに治るという類のものではないのです。

男性に対する緊張や不安といった症状を感じながらも、目的本位など森田療法の考え方に沿って、行動の仕方を変えるようにしていくと、この積み重ねの中で根本的に治ってくるものなのです。


なお、男性恐怖症の症状やチェック法に関しては下記のページも参考になると思います。

1.人見知り克服のポイント
2.対人恐怖症(対人恐怖)の症状



前ページへ 次ページへ


サイトマップ
社会恐怖トップ あがり症 赤面症 予期不安 沈黙恐怖
視線恐怖 おなら恐怖症 自己臭恐怖 書痙 対人不安