対人不安



(対人不安の改善克服法について)

人間関係や人付き合いに不安を感じてしまうというのが、社会恐怖に悩んでいる時に共通してみられる、対人不安の症状になります。

社会恐怖に悩んでいる時は、自分が人からどう見られているか、変に思われているのではないかと、自分を中心にして考えているものなのです。

これが自己中心的傾向ということになるのですが、このために、対人不安の症状を感じやすくなっていると考えて良いと思います。

しかし、この自己中心的傾向や自分本位の態度は、森田療法の学習をしていく中で、他人本位に考え、行動することが出来るようになってくると、自然に直ってくるものなのです。

そして、こうなってくると、対人不安の症状も感じにくくなってくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってくるものなのです。 つまり、精神安定剤や、抗不安剤といった薬を飲めば、これで治るという類のものではないのです。


なお、対人不安に関しては下記のページも参考になると思います。

1.対人不安克服のポイント



前ページへ 次ページへ


サイトマップ
社会恐怖トップ あがり症 男性恐怖症 多汗症 沈黙恐怖
視線恐怖 おなら恐怖症 自己臭恐怖 書痙 赤面症